おばあちゃんのWEB講座!

WEBマスターのおばあちゃんによるWEB講座です♪

生活習慣を改善、ストレスフリーで妊活効果アップ!

time 2016/05/18

生活習慣を改善、ストレスフリーで妊活効果アップ!

私は30歳を迎えて妊活を始めることにしました。

妊娠はタイミングさえ合えば、女性は自然にできるだろうと浅はかな考えを抱いていた私は妊活を始めることによってとても苦労することになりました。

初めに妊活がストレスになってしまうことは悲しいことです。
ストレスフリーになって初めて妊活は効果を発揮するのだと思います。

まず、始めたことは妊娠を妨げることは一切止めるということです。

煙草、お酒、カフェイン…この3点は子宮の血行を悪くし、排卵を妨げてしまう恐れがあるそうです。私の場合、この3点セットが生活習慣の中にしっかりと入り込んでいて止めることは本当に苦労しました。

特に煙草は20代前半から吸っていたのでストレスが溜まってしまい、イライラする日々が続いたことを覚えています。妊娠しやすい身体作りの為にはどうしても止めておきたかったのです。妊娠して煙草を吸っている方が手遅れになりますからね。

次に妊娠しやすくする為、食生活の改善を試みました。特に重視したのは、女性ホルモンを高める良質なタンパク質で納豆や豆腐を毎日食べるよう心がけ、鉄分や葉酸を多く含む食材は定期的に食卓に並ぶようにしました。

私だけが食生活をこだわるわけではなく夫にも協力してもらい、夫には亜鉛を多く含む牡蠣やレバーを食べてもらいました。夫婦が共通で積極的に食べていたものは納豆です。毎食食べるようにしてお互いの身体を妊娠しやすいように変えていきました。

また補えれない栄養素はサプリを飲んでいました。私はマカと葉酸を夫はマカとアルギニンを飲み、お互いが積極的に妊活に取り組むよう努力しました。男性は葉酸をいつから飲んだ方が良いかというと妊娠したい4ヶ月前から飲む必要があるんですって!

夫婦で協力できることが一番、大切だなと感じることが多々ありました。

妊活を始めるにあたって温活を同時に開始しました。

私の温活は生姜を使った飲み物を常備しておくこと、腹巻きと靴下は欠かさず着用すること、お風呂上がりにヨガをすることなど無理のない範囲で行いました。

特にヨガはストレス解消にも繋がり、代謝が良くなったような気がします。

妊活の為に始めたことは実は健康の為にも効果があったので以前よりも生き生きと過ごせるようになりました。

どうしても妊活中は妊娠出来ないことのストレスに悩んだり、プレッシャーを感じてしまうことも多いですが最終的に日々の生活を楽しまないと勿体ないと思います。

妊娠する為には健康にならなくちゃ…と考えを切り替えて前向きに取り組むことが成功への近道だったのかもしれません。

「1年間、妊活しても効果が出なかったら医療に頼ろう」と夫と話し合い、気楽な気持ちで行った結果、妊活開始から半年後に妊娠が発覚しました。

ストレスを全くなくすということは難しいですが、マイペースに楽しみながら過ごすという考えを心に抱いて過ごすことが妊活には効果的なのだと思います。

down

コメントする